Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.27 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

感動

2010ワールド





歴史的演技ですね。

2010年は五輪シーズンだったので、その後の世界選手権は、なんだか注目していない人が多いように見えますが、シーズン最後を飾るこの演技は、まさに芸術性と技術力、表現力の融合そのもの。

是非多くの人に見ていただきたいです。

この演技で、浅田真央は、これまでスポーツであるべきか、芸術であるべきか、といった議論がなされてきたフィギュアスケートを、完全に昇華させたといえるでしょう。

誇り高く、美しく、驕りのない演技。

ストレートラインステップの途中で、圧倒されどよめく観客。

この演技を初めて見たとき、山の頂上から、下界を見下ろしたときと同じ気持ちになりました。

空気は張り詰め、一切の人間的な事象は、力をなさない。

言葉をなくし、いつの間にか、涙を流していました。

浄化されているようでした。



シーズン序盤、「鐘」を表現するのは難しいと、正直思いました。

解説者の言っているように、それまでの浅田選手のイメージとは違っていたし、五輪シーズンなのだから、今までによく評価されてきた、ショパンのような、やわらかいイメージの曲を選んでくると予想していました。

それを彼女は、敢えて挑戦してきた。

失敗しても、土俵に立ってさえいない人々から批判を受けても、努力で乗り越えた。



しかし、この大会で、ジャッジの不可解さが浮彫りになりましたね。

演技は素晴らしかったけれど、優勝はしたけれど、残念な大会になりました。



この大会でのキムヨナ選手のFSは、まったくやる気が感じられませんでした。

転んでも、その他の面で素晴らしかったのなら、納得もいきますが、あまりにも覇気の無い演技に、途中で演技をやめるかとも思いました。

それで、出た点数が、浅田選手の点数を上回るのですから…。

最初は、こんな演技に見合わない点数をもらって、恥ずかしくないのだろうかとか思いましたが…。

まあ、キム選手はアスリートとして、悪くないと信じたいです。

評価する側が問題なのだと思いたい。



八百長問題が騒がれていますが、スポーツは勝つことだけが善ではないことも信じていたい。

そして、サッカーアジアカップでも思ったのですが、隣の国がスポーツマンシップがなんたるかを、もういい加減学んで欲しいです。

いい戦いをした両国を褒め称えたタレントが、一般人に罵られるなんて、はっきり言って、人としておかしいです。(猿のものまねはしても、人ですよね?)

そんな人ばかりではないと思うのですが。


最後に、キム選手の演技も楽しみにしていますよ。
去年は怒り心頭でしたが、情報に踊らされるのもばかばかしいと思うようになりました。
ましてや、言葉や文化も違うのですから、一つの情報だけが真実であるかのように誤解が生じやすいので、偏見をもって見るのは、アスリートとして努力しているだろう選手達に失礼ですから。
いろんな選手が、その選手ならではの良い点を持っていて、選手同士が切磋琢磨していく姿は素敵です。
そんな選手達の努力が報われるよう、スケート協会には心を入れ替えて欲しいものです。
  • 2011.02.15 Tuesday
  • 00:22

音楽

笑えれば、それでハッピー

夢と、将来やってみたいことって、違うよね。
夢?職業?
なんか…、旅行したいとかさあ、いろいろやってみたいことっていっぱいあるけど、夢って言われるとね。
努力が伴うのが夢?生きる力をくれるもの?
まあ、考えても意味ないことは、考えない方が身のためなんですが。

一週間前、某ライブでした。アルバムは買ってません。
熱しやすく、冷めやすいので。
でも、魂よりは好きっぽい。
生き様を見せ付けられた感じがします。
セトリ…
順番とか忘れたし、うろ覚えだけど、備忘録に。

インスト(ピアニカ?みたいなんでノリノリ)
ハヴェルカ(総くんが照れながらフー)
ハイウェイ
目玉のおやじ
コンバットダンス
FIRE
ブレーメン
アナーキーインザムジーク(カオスすぎ。各メンバーソロあり。社長のボイススイートすぎ。ボボちゃんはドラムで雪を表現…に、みんなおおっ)
さよならアメリカ
犬とベイビー
キャメル?映画の
ロックンロール
青い空
モーニングペーパー
ワンダーフォーゲル
温泉(もといバーニングハート)
おはら節
東京レレレのレ

太陽のブルース(マイクなし、アコギで弾き語り)


こんな感じ…?
で、最近フジに興味持ってる。
今さらだけど。
だけど、聴くと死ぬこと、生きること、考えてどうにもならなくなっちゃう。
はあ。

  • 2011.02.07 Monday
  • 00:18

感動

強いひと。





今季のミキティは、3−3入れたり、FP後半の5連続とか、プログラム構成からも攻めの姿勢が感じられて、本当に恰好いい!

SPはモロゾフコーチの判断で手堅く行ったけど、そういう状況判断も、安定した演技につながっているんでしょう。

FPのガッツポーズ、恰好良すぎる。

これまでのいろんな選手の演技も含めて、現行ルールで、どういったことをすれば点が出るか、ということを追求して完成したプログラム。

そして、アスリートとしての成熟した強さ。



エキシビジョンでは、涙を拭う姿も…。

初めての五輪で、思うような演技が出来なかったこと。

東京ワールドで世界女王に。

だけどGPFや全日本では金メダルを逃し続けてきた。

6年ぶりの全日本金メダル。

いろんなことがあったね…。



世界選手権がんばれー!

  • 2010.12.27 Monday
  • 21:26