Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.27 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

音楽

笑えれば、それでハッピー

夢と、将来やってみたいことって、違うよね。
夢?職業?
なんか…、旅行したいとかさあ、いろいろやってみたいことっていっぱいあるけど、夢って言われるとね。
努力が伴うのが夢?生きる力をくれるもの?
まあ、考えても意味ないことは、考えない方が身のためなんですが。

一週間前、某ライブでした。アルバムは買ってません。
熱しやすく、冷めやすいので。
でも、魂よりは好きっぽい。
生き様を見せ付けられた感じがします。
セトリ…
順番とか忘れたし、うろ覚えだけど、備忘録に。

インスト(ピアニカ?みたいなんでノリノリ)
ハヴェルカ(総くんが照れながらフー)
ハイウェイ
目玉のおやじ
コンバットダンス
FIRE
ブレーメン
アナーキーインザムジーク(カオスすぎ。各メンバーソロあり。社長のボイススイートすぎ。ボボちゃんはドラムで雪を表現…に、みんなおおっ)
さよならアメリカ
犬とベイビー
キャメル?映画の
ロックンロール
青い空
モーニングペーパー
ワンダーフォーゲル
温泉(もといバーニングハート)
おはら節
東京レレレのレ

太陽のブルース(マイクなし、アコギで弾き語り)


こんな感じ…?
で、最近フジに興味持ってる。
今さらだけど。
だけど、聴くと死ぬこと、生きること、考えてどうにもならなくなっちゃう。
はあ。

  • 2011.02.07 Monday
  • 00:18

音楽

Got to move!




no cuttin' conners!
she's on the boaders now!
Always my best!
I don't need rest!
It's my test now!
  • 2010.04.26 Monday
  • 05:09

音楽

りんごの里でのライブは楽し

というわけで、東京事変2010ライブツアー「ウルトラC」青森公演備忘録です。
これからライブ参加で、セトリなど知りたくないという方はご覧にならぬよう。

まず、トーク総括。
青森に永住したい発言のハタさん、「青森か群馬がいい」の林檎さんにみんな「あおもりーーー!」と盛り上がる。

公演前にみんなで青森観光をしたらしく、ハタさん撮影の写真で楽しく報告会。
アスパムでは、地元民はあんまり行かないため知名度の低すぎるJ太郎というでかい像?と写真撮影のメンバー。
「次のアルバムのジャケットにしようか」って亀田さん。おちゃめ。
浮雲に迫られたまねきんになりたい。
りんごのぬいぐるみとツーショットな林檎ちゃん。みんなの「かわいー!」にたたたっとマイクの前に出て「おそまつ!」と一言。私の流行語にしよ。
そのぬいぐるみ見て「これはトマトですかー?」のわっち。お客さんから「おもしろーい」のフォローはいりました。
ちなみに、翌日アスパムには、明らかにライブ行った事変ファンが押しかけましたとさ。
りんごぬいぐるみ、売れてました。林檎の経済効果。笑

市場では、迷子になったわっち。みんなを見つけて満面の笑みを浮かべる瞬間の写真がナイスショット過ぎました。なんか伊澤さんって、すごい自虐的でひねくれ者な印象があったんですが(失礼ですみません。このときも「どこのまぬけだ…」といってました。)、なんか…かわいい。
そして、師匠と林檎のフライデー風写真。自分で加工したっていうハタさんすごし。

あとは師匠のチキンラーメン発言と、浮さんの途中顔とか。

開場前〜
さすが、事変のライブは違いますねー。
行列がすごかった。
やっぱり早く行ってグッズ買っておくんだったな。
手旗は持っていた方が3割ましでライブ楽しめますな。
ジャージは売り切れだそうで。

セトリは順番とか違うかもです。
あと、後ろの席だったので、衣装とか間違いありそう。

01 勝ち戦
日本語訳の字幕が出てました。
事変のライブ初めてだったんだけど、お客さんの盛り上がりがすごくて、びりびりって本当に痺れてて、一体感を味わえるオープニングでした。
林檎さんスカートに上だけニッポニアジャージ着て登場(ちなみに金髪おかっぱウィッグ)
林檎がギター最後にじゃじゃっと振るのを見て、「テレビとおんなじー」と感動しました。
02 FAIR
03 電波通信
04 シーズンサヨナラ
05 OSCA
ずっと「オスカー!」て叫びたいと思ってたんだ!
念願かなって嬉しいです。
盛り上がりますねえ。
本当に車のエンジン音みたいだった。
06 FOUL
OSCAのメガホンそのままで。
07 ありあまる富
事変Verでしっとりと。りんごVerのギターがギュインギュイン鳴ってるのもいいけど、こっちの終わり方のが好きかも。
08 生きる
りんご独唱。
09 絶体絶命
バックにぽつん、ぽつんと「余」「に」「も」と出るのに見入ってしまった。
師匠の手拍子の仕方かわいすぎ。
10 遭難
11 修羅場
12 能動的三分間
後ろにデジタル時計が浮かびまして。
本当に三分で終わるんだもん。格好良すぎてみんな「キャー!」とさけんでました。
ちなみに浮雲、ギターなしでした。
13 我慢
14 スーパースター
15 キラーチューン
大好きな曲。林檎が手旗を煽って、楽しい時間。
16 乗り気
ファミコンゲーム風のメンバーが敵をあたたたた!て倒していくとこが面白くて笑っちゃった。
なんだかライブ聴いて一気に高感度アップした曲でもあります。
17 雨天決行
傘を持ってる林檎かわゆかったです。

メンバーが消え去ってからは、赤いランプのような円が映し出され、明滅。
たしかアンコール2回目の前だったと思うんだけど、なんの合図もなしに、ぴたっと手拍子が合って、びっくり。あんなにぴったりの手拍子、生まれて初めて。
アンコール01
18 スイートスポット
これも字幕あり。
19 透明人間
大好き。「さよーならー」と言うから、終わりなのかな。ともちょっと思ったけど、ダブルアンコール!

アンコール02
叫びました。「りんごぉー」って!
師匠が、青森楽しかった!また近いうちに必ず!ありがとう!みたいなこと言ってくれてね。
こちらこそありがとう!って伝えたかったな。
20 閃光少女
21 極まる
乳白色の蒼のスモークと共に、林檎が消え、またスモークで視界を奪われると、霧が晴れたときには、もうみんな居なかった。
残ったのは、余韻と、INCIDENTS TOKYOの孔雀紋。
鳥肌モノの演出でした。
林檎さんは、もうさすがとしか言いようがないです。
あんな体勢から声だせるんだ…。
  • 2010.04.14 Wednesday
  • 00:57

音楽

勝ち戦

自分の保存用勝ち戦和訳。
今日の私は今日しかいない。
…なんてね。

 
『勝ち戦』  作詞/作曲:椎名林檎


誰もわかっちゃくれないわ
私がどこにも属さないから
わかってたまるかってんだ
分類される程ヤワじゃない

・・・なんてね!

ねえ、焦がされたいの
せっかくならシビレていたい
明日は待ってくれないし
今日は今日にただ新しく


誰もわかっちゃくれないね
他人の隠された苦労なんて
評価はあの世で気にしよう
夢と現の隙間だけが正しい

・・・でしょ?

うなされようよ、もっと
まやかしだって無いよりいい
仮令(たとえ)昨日が嘘になっても
今日は今日でまた新しく


過去のわたしにおさらば
これが連勝の秘訣だよね
ようこそ、最新のわたし
明日にはもう居ないひと

見失いがちだけど
生まれつきの勝者は存在しない
ほら、ぼんやりしているうちに
人生なんて終わっちまうから

ビリビリしたいんだってば
たったいまはシビレていたい
思い出迷子は負けのはじまり

いまを実感する者だけが勝つ
  • 2010.04.14 Wednesday
  • 00:54

音楽

さいきんのぼうばんど

あんなに何度も涙を流したのに

薄まりつつあります。

東京レレレノレという新曲が、なんだかなあ。
でも耳に残っちゃうんだけど。
それを踊らされてるっていうんなら、なんなんだって話だ。
なにも考えないで、感じることだって、尊いと思うし、前はなんだか岸田がどんなにひねくれていても、音楽を愛せるって思ってました。

今も、WESN聴いて、やっぱいいなって思うけど、けどさあ。
アルバム、はっきりいって心配。
当人たちはきっと満足しているのだろうと思うけど、私は買わないと思います。

それと誰と付きあおうと自由だけど、なんというか、一面だけなのかもしれないけどさ、あざといし、虚栄心だとか、人間的にどうかと思うよ。
オリンピック発言で、かなり嫌いになりましたが、それだけじゃなくてねえええ。

オブラートに包もうとしたら、訳わかんない文になったけど、要はSE−−さん好かん。
いやらしい。
そのいやらしさと言ったら、くるりの音楽まで聴きたくなくなるほどです。
吐きそうなんだ。

  • 2010.04.14 Wednesday
  • 00:41

音楽

somewhere over the rainbow


Somewhere over the rainbow
Way up high
There's a land that I heard of
Once in a lullaby
どこか虹の彼方
高い高い空の上にはね
すてきな国があるんだって
子守唄で聴いたことがあるの

Somewhere over the rainbow
Skies are blue
And the dreams that you dare to dream
Really do come true
どこか虹の彼方
空はただ澄んで
あなたが信じてみれば
夢は本当になるのよ

Some day I'll wish upon a star
And wake up where the clouds are far behind me
Where troubles melt like lemondrops
Away above the chimney tops
That's where you'll find me
いつか星に願うの
あの雲よりも高い高い、虹の彼方で目が覚めて
悲しいことはみんなレモンドロップみたいに溶けて
煙突の上の空に消えて無くなってしまったらって
そんなすてきなところに私はいるの

Somewhere over the rainbow
Bluebirds fly
Birds fly over the rainbow
Why then, oh why can't I?
どこか虹の彼方
青い鳥は空へ
虹の彼方へ飛んでいく
だから私も、ああ、私もいつか

―――

昔、学校の帰りに、虹の根元を探そうと思ったことがある。
毎日が、そうした思いつきのきらきらした冒険で溢れていたから、学校から家までたどり着くまでに、非常に時間がかかって、祖母によく「まっすぐ帰ってきなさい」と言われたっけ。
 

話は変わるけど、手嶌葵って、すっごくいい名前だなあ、と思う。
しっくりしている。ぴったり。
もちろん、名前以外も素敵な方だと思います。
癒されます…。ありがとう。綺麗だな…。
  • 2010.03.23 Tuesday
  • 05:12

1